• サイバー攻撃の現実の脅威

    サイバー攻撃が増加しています。こうしたハッキングが、ミッション クリティカルなデータの破壊につながりかねないという懸念が大きくなっています。ビジネス プロセスやデータを復旧できない場合の影響は、壊滅的なものになりかねません。EMCの分離復旧ソリューションは、データ保護防衛の最後の砦となり、データ破壊がビジネス ダウンにつながらないようにします。

    •  

      計画

      アプリケーション、復旧時間、リカバリ ポイントのRPO(目標復旧時点)を特定します。

    •  

      分離

      ネットワークに接続していない、分離された環境を設定し、ソフトウェアによって、データ コピーと手順を作成し、スケジュール設定されたエア ギャップを実行します。

    •  

      リカバリ

      問題発生後、通常のリストア手順を使用して、復旧と修復を行う手順を設定します。

  • 詳細情報

    組織が攻撃に対する防御体制を築くとすぐに、ハッカー側もそれに対抗する方法を考え出します。