• PowerEdgeサーバ

    PowerEdge サーバーインフラストラクチャ

    PowerEdge MXは、最大5倍のネットワーク スループット5 、シンプルな統合管理、数世代にわたる投資保護により、従来のワークロードと新しいワークロードのどちらにも対応します。

    リリースを読む
  • PowerEdgeサーバー
    今すぐ購入

    サーバーのイノベーションでITトランスフォーメーションを加速

    Vector Smart Object

    拡張性の高いビジネス アーキテクチャ

    非常に拡張性の高いアーキテクチャと柔軟な内蔵ストレージで、幅広いアプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めます。

    pilar-manage

    インテリジェントな自動化

    生産性を大幅に向上させる組み込みインテリジェンスにより、導入から廃棄にいたるサーバーのライフサイクル全体を自動化します。

    Vector Smart Object2

    セキュリティの統合

    すべてのサーバーのハードウェアとファームウェアに組み込まれた深層防御でお客様とビジネスを保護します。

      0% サーバー6
    最大 0% 向上 vSANクラスタでのデータベースIOPS7
    最大 0% 増加 サーバー1台でサポートできるVDIユーザー数8
    最大 0% 簡単になる 問題解決9

    Dell EMC PowerEdgeサーバーがNo.1である理由をご確認ください。10

    全ポートフォリオは以下をご覧ください。

    PowerEdgeサーバーの最新のニュースを入手

    ラック サーバー

    データセンターをすべてのワークロードに対応させることができます。PowerThe PowerEdge modular portfolio allows you to precisely tailorEdgeラック サーバーは、拡張性の高いアーキテクチャに加え、コンピューティングとメモリの最適なバランスも兼ね備えているため、幅広いアプリケーションにわたってパフォーマンスを最大限に高めることができます。

    • 世界最高記録のSAPパフォーマンス11
    • 今までで最も広範なPowerEdgeサーバーのストレージ オプション
    • 5つ星評価でIT Proの「Editor's Choice」受賞(R640およびR740xd)
    • No.1のコスト パフォーマンス(R740xd)24
    • パワフルな4ソケットのパフォーマンスとGPUアクセラレーションでデータ分析、AI、機械学習に最適
    34% 増加したノードあたりのVM数12
    41% 増加した1秒あたりのトランザクション数13
    最大 20.8x クエリーが高速化14

    モジュラー インフラストラクチャ

    柔軟性と拡張性に優れるコンピューティング、ネットワーキング、ストレージを備え、将来に対応する俊敏なデータセンターを構築しましょう。PowerEdgeモジュラー ポートフォリオを使用すれば、運用コストを削減しながら、インフラストラクチャの正確なカスタマイズ、迅速な導入、容易な管理を行えます。

    • PowerEdge MX – 簡単な導入と管理および長い寿命を特長とするモジュラー型統合ソリューション
    • PowerEdge FXシリーズ – ブレード サーバーの密度とラック ベースのシステムのシンプルさを兼ね備えたハイブリッド プラットフォーム
    • PowerEdge VRTX – サーバー、ストレージ、ネットワーキング、管理を統合したコンパクトなシャーシ
    • PowerEdge Cシリーズ – ハイパフォーマンスなコグニティブ ワークロード向けのアクセラレーテッド コンピューティング プラットフォーム
    27% 増加したコア数15
    50% 増加したメモリ帯域幅16
    最大 5倍 ネットワーク スループット17

    タワー サーバー

    PowerEdgeタワー サーバーは、組織の拡大に応じてお客様のペースで拡張できるように設計されています。

    • 柔軟な構成:大きな内部容量により実現
    • 広範なポートフォリオ:SOHO、ROBO、SMB市場向け
    • ラックマウント型:企業に成長に合わせて引き続き使える
    60% 増えたPCIe
    Gen3スロット18
    2倍 増えたNVMe
    ドライブ19
    50% 増えた
    帯域幅20

    システム管理ソフトウェア

    OpenManageポートフォリオにより、ITライフサイクル全体をコントロールして自動化します。IT運用効率が向上するだけでなく、サーバーの生産性、信頼性、コスト パフォーマンスも向上します。

    • OpenManage MobileでいつでもどこでもPowerEdgeサーバーのステータスにアクセス
    • VMware vCenter®、Microsoft® System Center、BMC TrueSightにOpenManageを統合して既存の管理コンソールを活用
    99% 高速な
    構成21
    最大 90% 簡単に問題を
    解決22
    最大 30% 高速なセットアップ23

    Ready Nodes

    選択肢を最大限に広げて、プロジェクトのリスクを低減し、TCO(総所有コスト)を削減します。

    VMware vSAN Ready Nodes

    Dell EMC PowerEdgeサーバーのVMware vSANソフトウェア デファインド ストレージ。

    SAP HANA Ready Nodes

    SAP HANA向けに事前構成済みで、リアルタイムのビジネス分析を提供します。SAP HANAパフォーマンスの世界記録を保持する、PowerEdgeサーバーの基盤上に構築されています。25

    データセンター インフラストラクチャ

    Dell EMCデータセンター インフラストラクチャ ソリューションにより、データセンターの内外の重要インフラストラクチャの管理をシンプルにします。

    • サーバー、ストレージ、ネットワーキングの機器を汎用性に優れたラック エンクロージャに導入
    • KVM(キーボード、ビデオ、マウス)およびKMM(キーボード、モニター、マウス)ソリューションにより、さまざまなローカルおよびリモート サーバーを管理
    • 信頼性の高い電源を提供し、インテリジェントな無停電電源装置
      (Dell EMC Smart‑UPS)によりIT機器を保護

    サーバー関連の重要なリソース

     

    モジュラー インフラストラクチャの5つの必須機能

    チェックリストを見る
     

    サーバー セキュリティについて問うべき4つの質問

    チェックリストを見る

    AIプロジェクトの起点となる6つのワークロード

    チェックリストを見る

    PowerEdgeサーバーがHPEサーバーより優れている5つの理由

    チェックリストを見る

    アナリストがエッジ コンピューティングにPowerEdgeサーバーを推奨する理由

    チェックリストを見る
    お客様の事例
    OTTO Self-Driving Vehicles

    Dell EMCはOTTOのデータセンターのモダナイズと自動化を支援し、OTTOはITトランスフォーメーションのメリットを活用して、最新のロボット工学のニュー フェイスになりました。

    ビデオを視聴する
    お客様の事例
    Ryanair

    RyanairはDell EMC PowerEdgeサーバーと自動管理ツールを活用して、乗客数とアップタイムの高い目標を満たすために必要な俊敏性とパフォーマンスを実現しています。

    ビデオを視聴する

    Dell EMC PowerEdgeサーバーの最新のニュースを入手

    詳しいサーバーのインサイトをブログで入手

    ブログを読む

    TwitterでPowerEdgeサーバーをフォロー

    ツイートを見る
    最適なPowerEdgeサーバー ソリューションをご確認ください

    PowerEdgeテクノロジーを使用したITトランスフォーメーションに関するご質問は、
    Dell EMCスペシャリストまでお問い合わせください。

    1, 8 Dell EMCエンジニアリングは、第13世代R730サーバーの2基のGPUと比較して、第14世代R740xdサーバーの最大3基のNVIDIA® GPUをテストして承認しました。NVIDIA Tesla® M10 GPUアクセラレーターは、GPUボードあたり最大64ユーザーをサポートします。詳細情報:http://images.nvidia.com/content/tesla/pdf/188359-Tesla-M10-DS-NV-Aug19-A4-fnl-Web.pdf

    2、7 Dell EMCの委託によるPT(Principled Technologies)レポート『Faster, More Powerful Handling of Database Workloads,』2017年6月。DVDStore2ベンチマークを使用して、R720サーバー+HDDベースのEqualLogic共有ストレージと、2ノードのvSANクラスタにおけるR740xdサーバー+Internal NVMe+SAS SSDディスクを比較しました。実際のパフォーマンスは、構成、使用方法、製造時の条件によって異なります。レポート全文については、http://facts.pt/7PjXq2にアクセスしてください

    3Microsoft SQL Server 2016のユーザーは、PowerEdge14GとNVDIMM-Nモジュールを使用することにより、2〜4倍高速(かつ、より安全)なトランザクションログ書き込みのパフォーマンスを得られ、全体として大幅な速度向上を実現することができます。Dell EMCの社内分析(2017年4月)に基づきます。

    4、13 TPC-Eベンチマークを使用してMicrosoft SQL Server 2016をテストした、Dell EMCエンジニアリング チームによる2017年8月の調査結果に基づきます。実際のパフォーマンスは状況によって異なります。

    5、17 Dell EMC PowerEdge M1000eと従来のMXLスイッチを比較したDell EMCの社内分析(2018年2月)。

    6、10 出典:IDC『Quarterly Server Tracker Q1 2018』(市場占有率は全世界における出荷量に基づきます)。

    9、22Dellの委託によるPrincipled Technologiesテスト レポート「Resolving Server Problems with Dell ProSupport Plus and SupportAssist」(2015年9月)に基づきます。実際の結果は異なります。レポート全文については、http://facts.pt/1P56lW0にアクセスしてください。

    11、25 SAP BW Advanced Mixed Load(2017年8月)。Dell EMC PowerEdge R940、4個のインテルXeon Platinum 8180プロセッサー/112コア/224スレッド、1536 GBのメイン メモリ。スループット/時(高度なクエリー ナビゲーション ステップ):56,600、正規化された平均ランタイム シングル クエリー テスト:3.51秒/10億レコード、合計ランタイム デルタ ロード/トランスフォーメーション テスト:220秒。SAP公開情報:http://www.sap.com/benchmark Certification #2017037

    12 Dell EMCの社内分析に基づきます(2017年4月21日)。

    14 Microsoft Hyper-V環境のMicrosoft SQL Serverは、NVMe SSDで構成したR740xdサーバー上にある場合には、HDDストレージで構成した第12世代のPowerEdge R720xd上にある場合に比べて、TPC-Hに類似したワークロードを20.8倍高速に実行しました。Dell EMCの委託によるPT(Principled Technologies)レポート、『データ分析サーバーをDell EMC PowerEdge R740xdと統合』、2017年10月。レポート全文については、http://facts.pt/rszSR7にアクセスしてください。

    15、16 旧世代のFC630の仕様とFC640の仕様を比較したDellの社内分析(2017年7月)。

    17 Dell EMC PowerEdge M1000eと従来のMXLスイッチを比較したDell EMCの社内分析(2018年2月)。

    18、19、20 旧世代のT630の仕様とT640の仕様を比較したDellの社内分析(2017年7月)。

    21 デルの委託によるPrincipled Technologiesレポート「Simplifying Systems Management with Dell OpenManage on 13G Dell PowerEdge Servers」に記載された、エンタープライズ レベルのシステム管理機能を搭載するデルの第13世代R730のテスト(2014年8月)に基づきます。

    23 Dell EMCの委託によるPT(Principled Technologies)レポート「Save Server Management Time and Effort for IT Staff,」2017年6月。iDRACのIPアドレスとネットワークを設定し、デフォルトのパスワードを変更して、BIOS属性を変更するのにかかるステップ数と時間について、第14世代QuickSync 2を使用した場合とクラッシュ カートを使用した場合を比較しました。レポート全文については、http://facts.pt/YaZXCmにアクセスしてください。

    24 TPCx-Big Bench for Scale Factor 100000を使用したDell EMCのテスト(2018年3月)に基づきます。Dell EMCのテスト結果は、独立系サード パーティのInfoSizingによって検証されています。詳細については、http://www.tpc.org/tpcx-bb/results/tpcxbb_perf_results.aspを参照してください。