• 新世代のサーバーでデータと分析による成果を促進

    最新のITを利用している組織では、旧式のITを利用している組織と比べて、お客様がデータ分析に費やす金額が増える可能性が最大3.6倍高くなります4。データ管理のワークロードから、より多くのインサイトを獲得しましょう。業界No.15のDell Technologiesのサーバーから始めてみませんか。

    eBookを読む
  • PowerEdgeサーバー
    今すぐ購入

    サーバーのイノベーションでITをモダナイズ。

    Vector Smart Object

    拡張性の高いビジネス アーキテクチャ

    非常に拡張性の高いアーキテクチャと柔軟な内蔵ストレージで、幅広いアプリケーションのパフォーマンスを最大限に高めます。

    pilar-manage

    インテリジェントな
    自動化

    製品に組み込まれたインテリジェンスにより生産性を大幅に向上させ、導入から廃棄にいたるサーバーのライフサイクル全体を自動化します。

    Vector Smart Object2

    セキュリティ
    の統合

    すべてのサーバーのハードウェアとファームウェアに組み込まれた深層防御で、お客様とビジネスを保護します。

    AMD EPYC搭載のPowerEdgeサーバー

    新たな設計、新たな概念。

    バランスの取れたパフォーマンス、簡単な管理、および統合セキュリティを兼ね備えた、革新的なサーバーです。

    100% プロセッシング コアの増加
    20% メモリー速度の向上
    2倍 第4世代でのPCIeパフォーマンスの向上
    509 Secure Encrypted Virtualizationによる固有のセキュリティ キー

    Dell Technologiesがサーバー業界でNo.15である理由をご覧ください。

    全ポートフォリオは以下をご覧ください。

    PowerEdgeサーバーの最新のニュースを入手

    ラック サーバー

    データセンターをすべてのワークロードに対応させることができます。PowerEdgeラック サーバーは、拡張性の高いアーキテクチャに加え、コンピューティングとメモリーの最適なバランスも兼ね備えているため、幅広いアプリケーションにわたってパフォーマンスを最大限に高めることができます。

    • 世界最高記録のSAPパフォーマンス7
    • これまでのPowerEdgeサーバーで最も広範なストレージ オプション
    • 5つ星評価でIT Proの「Editor's Choice」受賞(R640およびR740xd)
    • No.1のコスト パフォーマンス(R740xd)8
    • パワフルな4ソケットのパフォーマンスとGPUアクセラレーションでデータ分析、AI、機械学習に最適
    34% 増加したノードあたりのVM数9
    最大 170% 1秒あたりのトランザクション数が増加10
    最大 11.4倍 1分あたりのオーダー増加数11

    モジュラー型インフラストラクチャ

    柔軟性と拡張性に優れるコンピューティング、ネットワーキング、ストレージを備え、将来に対応する俊敏なデータセンターを構築しましょう。PowerEdgeモジュラー型ポートフォリオを使用すれば、運用コストを削減しながら、インフラストラクチャの最適なカスタマイズ、迅速な導入、容易な管理を行えます。

    • PowerEdge MX – モジュラー型の7U統合ソリューション。簡単な導入と管理を特長とし、エンタープライズ データ センターの密度と将来の拡張性に対応した設計
    • PowerEdge FXシリーズ – 要求度の高いワークロードに適した、拡張性の高いパフォーマンスとラックの柔軟性を実現するハイブリッド2Uラック統合ソリューション
    • PowerEdge VRTX – 小規模なリモート オフィスおよび支店向けに最適化され、タワーおよびラックに対応した、単一のコンパクトな統合サーバー ソリューション
    • PowerEdge Cシリーズ – ハイパフォーマンスなコグニティブ ワークロード向けに高密度アクセラレーテッド コンピューティング プラットフォームを提供するサーバー ノード
    27% 増加したコア数
    50% 増加したメモリー帯域幅
    最大 5倍 ネットワーク スループット12

    タワー サーバー

    PowerEdgeタワー サーバーは、組織の拡大に応じてお客様のペースで拡張できるように設計されています。

    • 柔軟な構成:大きな内部容量により実現
    • 広範なポートフォリオ:SOHO、ROBO、SMB市場向け
    • ラックマウント型:企業に成長に合わせて引き続き使える
    60% 増えたPCIe
    Gen3スロット13
    2倍 増えたNVMe
    ドライブ13
    50% 増えた
    帯域幅13

    システム管理ソフトウェア

    OpenManageポートフォリオにより、ITライフサイクル全体をコントロールして自動化します。IT運用効率が向上するだけでなく、サーバーの生産性、信頼性、コスト パフォーマンスも向上します。

    • OpenManage Enterpriseによる強力なインフラストラクチャ自動化
    • OpenManage MobileでいつでもどこでもPowerEdgeサーバーのステータスにアクセス
    • VMware vCenter®、Microsoft® System Center、Ansibleモジュール用OpenManage Integrationsで既存の管理コンソールを活用
    99% 高速な
    構成14
    最大 72% 時間短縮
    ProSupport Plusによる
    課題解決6
    最大 30% 高速なセットアップ15

    産業用途向けサーバー

    PowerEdge XR2は、過酷な環境やスペースに制約のある環境でもデータ インサイトをより多く引き出せるように再設計されました。

    • アクセラレーター対応:データ負荷の高いワークロードをオフロードし、プロセッサーの効率性を最大化
    • 安全で柔軟なストレージ:安全な大容量NVMe SSD 8台のうち最大4台の混在が可能(最大30TBのストレージ)
    • 耐衝撃認定:SSDを備えているため稼働時の衝撃に40Gまで対応26
    • 温度テスト済み:信頼できる動作温度範囲 - コールド スタートは最低-15°C、最高温度は45°C。許容温度逸脱は最大55°Cで逸脱時間は一度に8時間17

    Ready Nodes

    ワークロード向けに事前構成済みのPowerEdgeサーバーを使用して構築や拡張を行えます。

    • VMware vSAN、Microsoft Storage Spaces Direct、VxFlex、SAP HANA向けの既知の適切な構成
    • 構成およびテストの時間を節約
    • ソリューション レベルのカスタマー サポートが付属
    34% 増加した
    ノードあたりのVM数9
    最大 50% 増加した
    サーバーあたりのVDIユーザー数1
    最大 55.9% 短縮可能な
    レスポンス タイム18

    サーバー関連の重要なリソース

    アナリスト:ITインフラストラクチャをモダナイズし、データをフル活用。

    概要を読む(英語)

    Forrester:サーバーの更新サイクルを短縮することで得られるビジネスおよびITの4つのメリット。

    インフォグラフィックを見る(英語)

    アナリストがハイブリッドITモデルを推奨する理由をご覧ください。

    概要を読む(英語)
     

    モジュラー型インフラストラクチャの5つの必須機能。

    チェックリストを見る(英語)
     

    仮想化環境においてMXが他社製品よりどう優れているかをご覧ください。

    仮想マシンへの移行を比較する OLTPのパフォーマンスを比較する

    サーバーのモダナイズと自動化をワンセットで行う。

    インフォグラフィックを見る(英語)
    お客様の事例
    RealPage

    RealPageは、不動産業界向けにソフトウェアと分析の提供を行う大手プロバイダーです。同社は10万を超えるMicrosoft SQL Serverのインスタンスを実行するために、PowerEdgeサーバーを使って安全かつ高速で拡張性に優れた環境を構築しました。その詳細をご覧ください。

    ビデオを視聴する(英語)
    事例を読む(英語)
    お客様の事例
    Cybera

    世界中で9万社のお客様に安全なITネットワークを提供しているCyberaが、サーバー更新サイクルを5年から3年に切り替えた理由をご覧ください。

    ビデオを視聴する(英語)
    事例を読む
    お客様の事例
    New Belgium Brewing

    PowerEdgeサーバーを使用してオンプレミスで重要なビジネス アプリケーションを実行することで、パフォーマンスと柔軟性を実現しながらもコストを削減し、アメリカ最大のクラフト醸造業者のニーズに応えています。

    ビデオを視聴する(英語)
    事例を読む(英語)
    お客様の事例
    Societe Generale

    Societe Generaleは、Dell EMC PowerEdgeサーバーを活用してITaaS(サービスとしてのIT)を自動化し、社内のイノベーションの促進や導入時間の短縮につなげています。

    ビデオを視聴する(英語)
    事例を読む(英語)

    Dell EMC PowerEdgeサーバーの最新のニュースを入手。

    TwitterでPowerEdgeサーバーをフォロー。

    ツイートを見る(英語)

    詳しいサーバーのインサイトをブログで入手。

    ブログを読む(英語)

    サーバーのWebセミナーで詳細を確認。

    Webセミナーを見る(英語)
    お客様にとって最適なPowerEdgeサーバー ソリューションをご確認ください。

    ITをモダナイズする際は、多くの疑問が生じるものです。Dell EMC PowerEdgeサーバー スペシャリストがお客様の疑問にお答えします。

    1 Dell EMCエンジニアリングのテストにより、第14世代R740xdサーバでは最大3基のNVIDIA® GPUをサポートできることが承認されました。第13世代R730サーバでは、2基のGPUのみサポート可能でした。NVIDIA Tesla® M10 GPUアクセラレーターは、GPUボードあたり最大64ユーザーをサポートします。詳細情報:http://images.nvidia.com/content/tesla/pdf/188359-Tesla-M10-DS-NV-Aug19-A4-fnl-Web.pdf(英語)

    2 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologies(PT)のレポート『Faster, More Powerful Handling of Database Workloads』(2017年6月)。DVDStore2ベンチマークを使用して、R720サーバーとHDDベースのEqualLogic共有ストレージを、2ノードのvSANクラスターにおけるInternal NVMeおよびSAS SSDディスク搭載のR740xdサーバーと比較しました。実際のパフォーマンスは、構成、使用方法、製造時の条件によって異なります。レポートの全文:https://japan.emc.com/collateral/analyst-reports/poweredge-r740xd-comparative.pdf(英語)

    3Microsoft SQL Server 2016のユーザーは、PowerEdge14GとNVDIMM-Nモジュールを使用することにより、2〜4倍高速(かつ、より安全)なトランザクションログ書き込みのパフォーマンスを得られ、全体として大幅な速度向上を実現することができます。Dell EMCの社内分析(2017年4月)に基づきます。

    4 Enterprise Strategy Group(ESG)Research Insightのホワイト ペーパー:『Measuring the Value of Data and Analytics Inside Modernized IT Departments』(Dell EMCが委託、2019年8月)。8か国の民間企業および公的機関におけるIT部門の意思決定者に対するアンケートに加え、組織のITモダナイズに関する評価基準を適用した結果に基づいています。回答者には、アンケートへの参加に対する謝礼を進呈しました。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文:https://www.dellemc.com/ja-jp/collaterals/unauth/analyst-reports/products/servers/esg-three-transformational-compute-technologies-verified-to-accelerate-ai-and-business-value-en.pdf

    5 2019年第1四半期のx86サーバー出荷台数に基づきます。出典:『IDC Worldwide Quarterly Server Tracker』(2019年第1四半期)。

    6 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesレポート『Save Time and IT Effort Resolving Server Hardware Issues with ProSupport Plus and SupportAssist』(2018年6月)に基づき、SupportAssistなしのベーシック保証と比較しています。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文:http://www.principledtechnologies.com/Dell/ProSupport_Plus_with_SupportAssist_for_servers_0618.pdf(英語)

    7 『SAP BW Advanced Mixed Load』(2017年8月)に基づきます。Dell EMC PowerEdge R940、4個のインテルXeon Platinum 8180プロセッサー/112コア/224スレッド、1536 GBのメイン メモリ。スループット/時(高度なクエリー ナビゲーション ステップ):56,600、正規化された平均ランタイム シングル クエリー テスト:3.51秒/10億レコード、合計ランタイム デルタ ロード/トランスフォーメーション テスト:220秒。SAP公開情報:http://www.sap.com/benchmark(英語) Certification #2017037

    8 TPCx-Big Bench for Scale Factor 100000を使用したDell EMCのテスト(2018年3月)に基づきます。Dell EMCのテスト結果は、独立系サード パーティのInfoSizingによって検証されています。さらに詳しくは、TPCx-BB - Top Ten Performance Results(英語)をご確認ください。

    9 Dell EMCの社内分析(2017年4月21日)に基づきます。

    10 Dell EMCの社内テストで実施した、第2世代のインテル® Xeon®スケーラブル プロセッサーと2 x 1.6TBのNVMe(混在使用)を搭載し、Microsoft SQL Server 2019 CTP 2.3、VMware ESXi 6.7U1、およびRHEL 7.6GAを使用したPowerEdge R740xdと、同じR740xdの構成で、NVMeをインテル® OptaneTM DC永続メモリーの12 x 256GB DIMMに置き換えた場合との比較に基づいています(2019年3月)。使用されているワークロードは、SQL Server 2019 CTP 2.3のTPC-Cパフォーマンスから導出されています。導出されたワークロードで得られた結果は、公開されているTPC-Cの結果と比較はできません。実際の結果は状況によって異なります。

    11 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesのレポート『Elevate Your E-Commerce Business by Upgrading to the Dell EMC PowerEdge R740xd with 2nd Generation Intel Xeon Scalable Processor』(2019年7月)に基づきます。SQL 2017搭載のvSANクラスターを実行しているDell EMC PowerEdge R740xdを、第1世代のインテルXeonスケーラブル プロセッサーを使用しているvSANクラスターのR740xdおよびEqualLogic SANを使用しているR720xdと比較しています。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文:https://www.principledtechnologies.com/Dell/PowerEdge-R740xd-2nd-Intel-Xeon-Scalable-summary-0719.pdf(英語)

    12 Dell EMC PowerEdge M1000eと従来のMXLスイッチを比較したDell EMCの社内分析(2018年2月)。

    13旧世代のT630の仕様とT640の仕様を比較したDellの社内分析(2017年7月)。

    14 デルの委託によるPrincipled Technologiesのレポート『Simplifying Systems Management with Dell OpenManage on 13G Dell PowerEdge Servers(英語) 』(2014年8月)に基づきます。大企業レベルのデルのシステム管理機能を搭載するデルの第13世代R730でテストを実施しています。

    15 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologies(PT)のレポート『Save Server Management Time and Effort for IT Staff』(2017年6月)。iDRACのIPアドレスとネットワークを設定し、デフォルトのパスワードを変更して、BIOS属性を変更するうえでかかるステップ数と時間について、第14世代Quick Sync 2を使用した場合とクラッシュ カートを使用した場合を比較しました。レポートの全文:http://facts.pt/YaZXCm(英語)

    16 PowerEdge XR2は、MIL-STD-810G規格に基づいてテストされ、認定を受けています。これは、認定試験機関により独立して実施および報告されています(2018年)。

    17 PowerEdge XR2は、MIL-STD-810G、IEC 60945、DNV 2.4規格に基づいてテストされ、認定を受けています。これは、認定試験機関により独立して実施および報告されています(2018年)。

    18 Dell EMCの委託によるPrincipled Technologiesのレポート『Ensure Greater Uptime and Boost VMware vSAN Cluster Performance with the Dell EMC PowerEdge MX Platform』(2018年10月)。vSAN Ready Nodeのパフォーマンスを、vSAN All Flash 4 VMware認定構成により同じように構成された次の3種類の環境で比較しました:Scalable SmartFabric搭載の4台のMX740cサーバーを使用したDell EMC PowerEdge MX、4台のHPE Synergy 480c Gen 10サーバーを使用したHPE Synergy 12000 Frame、4台のB200 M5サーバーを使用したCisco UCS 5108シャーシ。実際の結果は状況によって異なります。レポートの全文:http://facts.pt/3jrn39(英語)