• 導入後すぐに複雑さが緩和され、運用コストを削減できます。

      XCファミリーのソリューションは、XC Seriesアプライアンス、XC Coreノード、統合Nutanixソフトウェア、インテルXeonプロセッサーを搭載したDell EMC PowerEdgeサーバーで構成され、業界最高レベルの汎用性と拡張性を備えたHCIプラットフォームを実現します。XCファミリーのシステムは、Nutanixソフトウェアとユーザーが選択したHypervisorが出荷時にインストールされていますので、あらゆる仮想化ワークロード用に迅速に導入でき、管理の複雑さや総所有コストを軽減します。

      Dell EMCには、PowerEdgeサーバーを基盤とするアプライアンス(3世代のXCファミリー アプライアンスおよびシステムを含む)向けにハードウェアとソフトウェアを統合してきた12年以上の経験があります。この経験が、製品のライフサイクルを通じて実行される共通のワークフローをシンプルにし、合理化するテクノロジーの開発を可能にします。これには、次のようなテクノロジーが含まれます。

      • ソフトウェア スタックとHypervisorを出荷時にインストール
      • 高速でシームレスな導入を実現するソフトウェア モジュール
      • クラスター全体のワークフロー オーケストレーションをシンプルにするHCI専用に開発されたツール
      • ダウンタイムまたはクラスター運用の停止なしに、1クリックでソフトウェア、ファームウェア、Hypervisorをアップデート

      お客様にとって重要なこと:迅速な導入、日常的な管理タスクの時間短縮、迅速なシステム リストア、組み込み型のエンタープライズ クラスのハードウェア セキュリティ。妥協することは決してありません。

    • XCファミリーはワークロードに的確に対応し、運用をシンプルにして、組織のタイム トゥ バリューを短縮します(英語)。

    • Dell EMC XCファミリーのハイパーコンバージド システム

      Dell EMC XCファミリーのハイパーコンバージド システム

      XCファミリーの製品は、1U/2U/3Uのシステムにコンピューティング、ストレージ、仮想化リソースを統合し、ご注文に応じて特定の用途向けに構成できます。拡張性とコスト パフォーマンスに優れた同一のXCプラットフォームで、複数のアプリケーションをデータセンターで実行できるため、IT部門の業務をサポート中心のものから、ビジネス バリューを付加するイノベーションへと移行できます。アプリケーションと仮想化チームは、業界をリードする厳選されたHypervisor使用し、次のようなあらゆる仮想ワークロードの新たなサービス リクエストにすぐに対応できます。

      • エンタープライズ ビジネス アプリケーション
      • Microsoft® SQL Server®、Oracle®、SAP HANA®データベース
      • ハイブリッドまたはプライベート クラウド プロジェクト
      • DevOpsおよびQA環境
      • VDI(仮想デスクトップ インフラストラクチャ)
      詳細を参照
    • お客様のニーズに合わせて構成

      XC SeriesアプライアンスおよびXC Coreノードのポートフォリオには次のものが含まれます。

      Dell EMCの実証済みのPowerEdgeサーバー プラットフォームがXCファミリーの基盤となります。XCファミリーのノードは、選択したHypervisor、インテル® Xeon®スケーラブル プロセッサー、64GB~6TBのメモリー、SAS、SATA SSD(すべてのモデル)、NVMe SSD(XC640-10、XC740xd-24、XC940-24のみ)で構成できます。一部のモデルではオールフラッシュ構成と25 GbEのネットワーキング オプションが使用できます。GPU、コンピューティング、およびパフォーマンス重視、ストレージ専用、レプリケーション ターゲットのノードがXCファミリーに含まれています。XCファミリーのハードウェア、ソフトウェア、導入はすべて、Dell EMCのグローバル サービスおよびサポート組織とNutanixがサポートします。 
      XC640-4とXC640-4i(1U/1ノード)    ミッション クリティカルではない小規模オフィス、リモート オフィス、ブランチ オフィスへの導入向けに設計されています。XC640-4:3ノード クラスターの導入、XC640-i:1ノードの導入。
      XC640-10(1U/1ノード)  VDI、テスト/開発、エンタープライズ ハイブリッド クラウド、サーバー仮想化におけるコンピューティングおよびパフォーマンス重視のワークロードに最適化されています。
      XC740xd-12(2U/1ノード)  ノードあたり最大80TBを実装可能で、Microsoft Exchange®、SharePoint、データ ウェアハウス、データ分析など、ストレージ負荷の高いアプリケーションに最適です。
      XC740xd-24(2U/1ノード)  GPUを実装したVDI、Microsoft SQL Server®、Oracle® OLTP、その他のデータベース アプリケーション(SAP HANAなど)などのパフォーマンス重視のアプリケーション向けに設計されています(本番および非本番環境に対応)。
      XC740xd-12C(2U/1ノード)  XC Seriesクラスター向けに、最大80TBのコールド階層ストレージ拡張を可能にします。
      XC740xd-12R(2U/1ノード)   最大80TBの容量を備えた、クラスタ化されていないシングル ノードのレプリケーション ターゲットです。
      XC940-24(3U/1ノード)  Microsoft SQL、Oracle OLTP、SAP HANAを使用するメモリーおよびパフォーマンス重視のデータベースに最適です(本番および非本番環境に対応)。
      XC6420(2U/4ノード)   サービスとしてのソフトウェア(SaaS)、サービスとしてのインフラストラクチャ(IaaS)、エンタープライズ クラウドなどの、コンピューティングおよびストレージの情報密度が必要な導入に最適化されています。
    • XCファミリーのソリューションで簡単に拡張し、チームを支援

      • XCファミリーのソリューションを使うと、容量とパフォーマンスの要件の予想に基づいたオーバー プロビジョニングや設備投資の必要がなくなります。システムのパフォーマンスや容量、またはその両方を、1ノードずつダウンタイムなしで拡張できます。これにより、直線的で予測可能なスケールアウト拡張と、成長に応じた柔軟な投資が可能です。フォルト トレラント アーキテクチャと自動修復機能により、システムの信頼性を実現し、データの整合性を確保します。

        直感的なHTML5ベースのインターフェイスは、導入/プロビジョニング サービス、仮想マシン/ストレージ管理、検索、コンテンツ適合ヘルプ、包括的分析、ワン クリック起動ハイパーバイザー、ソフトウェア、ファームウェア更新により、管理操作をシンプルにします。エンタープライズ クラスのデータ保護および管理機能には、管理者の生産性向上を考慮し、階層化、スナップショット ベースのレプリケーション、シン プロビジョニング、シャドウ クローン、重複排除、圧縮が含まれます。

        XCファミリーはXC SeriesアプライアンスとXC Coreノードで構成されており、Dell EMC XCプラットフォームのメリットを活用しつつ、Nutanixソフトウェア ライセンスを柔軟に得ることができます。XC CoreはXCシリーズ アプライアンスと同じDell EMC PowerEdgeハードウェアおよびソフトウェアを使用しますが、HCIソフトウェアについてはNutanixが直接ライセンスし、サポートします。これにより、インフラストラクチャ コンポーネント全体におけるライセンス ポータビリティが実現します。さらに、ハードウェアとソフトウェアをライフサイクル全般にわたって個別にアップグレードし、サポートすることが可能になります。

      •  

        簡単に導入可能。XC Seriesファミリー アプライアンスのクラスターは50分足らずで導入できます。管理も簡単で、専門的なリソースを必要としません。

      •  

        ストレージの複雑さを克服。IT管理者は、LUN、ボリューム、RAIDグループに対処する必要はもうありません。ワークロードのニーズに基づくポリシーを使用して、VMレベルで仮想環境を管理できます。

      •  

        さらなる柔軟性と革新性。XCファミリーは、ハードウェアおよびソフトウェアのサポート オプションとインフラストラクチャ コンポーネント間でのライセンスの移植性を提供することで、お客様がニーズに最も適したソリューションを選択できるようにします。

      • ハイパーコンバージド アーキテクチャは、パブリックおよびプライベートのクラウド インフラストラクチャの構築に最適なプラットフォームです。

    • お客様の事例:レディング大学

      レディング大学:処理能力と拡張性を高めるXCファミリーのハイパーコンバージド インフラストラクチャ

      レディング大学では、XCファミリーのハイパーコンバージド インフラストラクチャを使用して、学術用コンピューティング環境をサポートしています。

      ビデオを視聴する(英語)
      ビデオを視聴する(英語)
    • サービスとサポート

    •  

      ProSupport for Enterprise

      世界中に高度なトレーニングを受けた専門家を24時間体制で配備し、ITニーズの対応、トラブルの抑止、高水準な生産性の維持に努めています。

      詳しく見る
    •  

      ProDeploy for Enterprise

      エキスパート認定エンジニアによる徹底した計画と検証を通じて、既存の環境に新しいテクノロジーを確実に統合します。

      詳しく見る
    •  

      Dell Financial Services

      Dell Financial Servicesが提供する各種の柔軟な支払いソリューションで、お客様の条件に合ったテクノロジーを入手できます。**

      詳しく見る(英語)

    • Dell EMC XCファミリーのハイパーコンバージド アプライアンスのリソース

    お客様の事例
    •  

      お客様の事例:ルイジアナ州

      州民向けのサービスを変革

      ルイジアナ州は、移転可能なエンタープライズ アーキテクチャを州の機関向けに構築することで、200万ドルのコスト削減を短期間で達成しました。その詳細をご覧ください。

      ビデオを視聴する(英語)
      お客様の事例を読む(英語)
    •  

      お客様の事例:Zhongtong Information Service

      仮想デスクトップ インフラストラクチャの英知

      中国のサービス プロバイダーである同社は、クラウド ベースのデスクトップをコンバージド アーキテクチャ上で実行することにより、31%のビジネス成長を達成しました。その詳細をご覧ください。

      お客様の事例を読む(英語)
    テクニカル リソース
    •  

      Dell EMC XCシリーズ データ シート

      XCファミリーのハイパーコンバージド アプライアンスの概要と仕様詳細。

      データ シートを読む
    •  

      Dell EMC XC Coreデータ シート

      HCI製品のDell EMC XCファミリーは、すべての仮想化ワークロード向けに独自のソリューションを提供します。

      データ シートを読む
    •  

      ESG:Why Hardware Matters for HCI

      Dell EMC XC SeriesはHCIハードウェアに独自な価値をもたらしていることを、この資料で証明します。

      ホワイト ペーパーを読む(英語)
    •  

      IDC Business Value Study for Dell EMC XC Series

      IDCによるビジネス バリュー モデルと、XC Series顧客データに基づく分析です。

      分析を読む(英語)
    •  

      Dell EMC XCファミリーのVMware HorizonとCitrix仮想アプリケーションおよびデスクトップ向けの設計

      VMware Horizonブローカー ソフトウェアを統合するための技術的な考慮事項とベスト プラクティスです。

      詳細情報(英語)
    •  

      Dell EMC XCファミリーのソリューションの概要

      Dell EMCとNutanixのテクニカル サポートとサービスは、安定性と耐障害性を確保するのに役立ちます。

      概要を読む(英語)
    •  

      VDI向けXC Seriesのビデオ

      このビデオでは、VDI向けDell EMC XC Seriesについて解説しています。ぜひご覧ください。

      ビデオを視聴する
  • お求めの条件に合うものをご確認くださいXCファミリー ご確認ください

    • 1出典: "Dell EMC XC Series Creating Value as a Scalable, Efficient Hyperconverged Platform(英語)"。今日のデータセンターの課題を解決するには、ハイパーコンバージド インフラストラクチャが最適であることが明らかになりつつあり、ハイブリッド クラウド エコシステムのオンプレミス内部コンポーネント向けのプラットフォームと見なされるようになっています。