• XCシリーズのハイパー コンバージド アプライアンスは、Dell EMC第14世代PowerEdgeサーバとNutanixソフトウェアを統合し、業界最高レベルの汎用性と拡張性に優れたHCI(ハイパー コンバージド インフラストラクチャ)プラットフォームを実現します。複数のハイパーバイザーをサポートすることで、XCシリーズ アプライアンスをあらゆる仮想ワークロード向けに迅速に導入し、管理の複雑さと総所有コストを抑制できます。

  • ストレージの複雑さを克服

    サーバ、ストレージ、ネットワーク システムが分離された従来のアーキテクチャで、仮想環境のストレージを管理するのは、手間のかかり複雑な場合があります。サーバで操作を実行する際に、ストレージからデータを取得しなければならない場合、SAN(ストレージ エリア ネットワーク)も、レイテンシの要因となることがあります。XCシリーズでは、使用頻度の高いデータは、そのデータにアクセスする必要があるアプリケーションVMと同じノードのSSDに自動的に格納されます。IT管理者がLUNやボリューム、RAIDグループを管理する必要はなくなります。代わりに、各ワークロードの必要性を基にしたポリシーを使用し、VMレベルで仮想環境を管理できます。

    容易に拡張し、チームを強化

    XCシリーズのソリューションを使用すると、予想される容量とパフォーマンス要件に基づく、オーバー プロビジョニングや設備投資の必要がなくなります。システムのパフォーマンスや容量、またはその両方を、1ノードずつダウンタイムなしで拡張できます。これにより、直線的で予測可能なスケールアウト拡張と、成長に応じた柔軟な投資が可能です。フォルト トレラント アーキテクチャと自動修復機能により、システムの信頼性を実現し、データの整合性を確保します。

    XCシリーズ アプライアンスのクラスタは30分で導入できます。管理も簡単で、専門的なリソースを必要としません。直感的なHTML5ベースのインターフェイスは、導入/プロビジョニング サービス、仮想マシン/ストレージ管理、検索、コンテンツ適合ヘルプ、包括的分析、ワン クリック起動ハイパーバイザー、ソフトウェア、ファームウェア更新により、管理操作をシンプルにします。エンタープライズ クラスのデータ保護および管理機能には、管理者の生産性向上を考慮し、階層化、スナップショット ベースのレプリケーション、シン プロビジョニング、シャドウ クローン、重複排除、圧縮が含まれます。

    XCシリーズ エコシステムの拡張

    Dell EMCは、Dell EMCのソフトウェアIPによるXCシリーズ エコシステムの拡張に取り組んでいます。これによりお客様は、より広範なワークロードのセットにハイパー コンバージド インフラストラクチャを使用し、より迅速、より効率的に、かつより少ないリスクでビジネスの成果を達成できます。

    ビジネス クリティカルなワークロードのHCIへの展開が増加しているため、組織はデータ保持、セキュリティ、拡張性の要件を満たす堅牢なデータ保護ソリューションを必要としています。XCシリーズを使用したDell EMC Avamar Virtual Edition、Data Domain、Data Domain Virtual Editionは、効率的なエンタープライズ レベルのデータ保護、シンプル化されたバックアップ、ディザスタリカバリを実現します。このソリューションは、XCシリーズの管理コンソールで管理され、Dell EMCにより完全にサポートされます。アプリケーションを迅速に開発し、世界最強のクラウド ネイティブ プラットフォームの1つであるPivotal Cloud Foundryへの迅速な展開を求めるお客様のために、XCシリーズのエンジニアリング チームとPivotal®のエンジニアリング チームが、理想的な構成と導入のガイドを共同開発しました。このガイドによりリスクが低減され、開発生産性向上とIT運用コスト削減へのお客様の対応力が高まります。

    お客様のニーズに合わせて構成

    Dell EMCの実証済みの第14世代PowerEdgeサーバ プラットフォームがXCシリーズの基盤となります。どのアプライアンスも、お客様が選択するハイパーバイザー、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー、最大1.5 TBのメモリ、SAS、SATA、ホット データ用NVMe SSD、コールド データ用HDDを使用した構成が可能です。オール フラッシュ構成と25 GbEのネットワーク オプションは、GPU、コンピューティング/パフォーマンス集約型、ストレージ専用、レプリケーションのターゲット ノードを備えた、すべてのアプライアンスおよびXCシリーズで利用できます。Dell EMCグローバル サービスおよびサポート組織がすべてのXCシリーズのハードウェア、ソフトウェア、導入をフル サポートします。

    XCシリーズ アプライアンスのポートフォリオには、次の製品があります。

    • XC640-4XC640-4i(1U/1ノード) – ミッション クリティカルではない小規模オフィス、リモート オフィス、ブランチ オフィスへの導入向けに設計されています。XC640-4:3ノード クラスタの導入、XC640-i:1ノードの導入。
    • XC640-10(1U/1ノード) – VDI、テスト/開発、Enterprise Hybrid Cloud、サーバ仮想化におけるコンピューティングおよびパフォーマンス集約型ワークロードに最適
    • XC740xd-12(2U/1ノード) – ノードあたり最大60 TBを実装可能で、Microsoft Exchange®、SharePoint、データ ウェアハウス、データ分析など、ストレージ負荷の高いアプリケーションに最適
    • XC740xd-24(2U/1ノード) – Microsoft SQL Server®、Oracle® OLTP、その他データベース アプリケーションのパフォーマンス集約型アプリケーション向けに設計
    • XC740xd-12C(2U/1ノード) – XCシリーズ クラスタ向けに最大60 TBのコールド階層ストレージ拡張を提供
    • XC740xd-12R  – 最大60 TBの容量を備えたクラスタ化されていないシングル ノードのレプリケーション ターゲット。
    • XC6320(2U/4ノード)  – SaaS(サービスとしてのソフトウェア)、IaaS(サービスとしてのインフラストラクチャ)、ハイブリッド/プライベート クラウドなどの、コンピューティングおよびストレージ密度が求められる導入に最適

    HCIソフトウェアを超える価値を追加

    Dell EMCには、3世代のXCシリーズHCI(ハイパー コンバージド インフラストラクチャ)アプライアンスを含む、PowerEdgeサーバで構築されるアプライアンスで、ハードウェアとソフトウェアを統合する10年を超える経験があります。この経験が、アプライアンスのライフサイクルを通じて実行される共通のワークフローをシンプルにし、合理化するテクノロジーの開発を可能にします。XCシリーズには次が含まれます。

    • ソフトウェア スタックとハイパーバイザーを出荷時にインストール
    • 高速でシームレスな展開、迅速な出荷時状態へのリストアとベア メタル リカバリ、インバンドの充実したハードウェア モニタリングおよび管理機能を提供するソフトウェア モジュール
    • クラスタ全体のワークフロー オーケストレーションをシンプルにするHCI専用に開発されたツール
    • AvamarとData Domainを使用する統合されたエンタープライズ クラスのバックアップ/リストア機能

    お客様にとって重要なこと:迅速な導入、日常的な管理タスクの時間短縮、迅速なシステム リストア、組み込み型のエンタープライズ クラスのデータ保護。妥協することは決してありません。