• Dell EMC VxRack SDDCは、マルチ クラウド ビジョンを実現するための究極のインフラストラクチャ基盤です。VxRack SDDCは、既知の信頼できるテクノロジーと運用プロセスを活用することで、確かなITを構築し、サービスの成果を向上させ、運用リスクを軽減します。また、予測可能なパフォーマンス、拡張性、最適なユーザー エクスペリエンス、コスト削減を実現するために最適化されており、ラック スケールの自動化された柔軟性のあるクラウド インフラストラクチャを使用して、ハイブリッド クラウドに最も簡単に移行できる方法を提供します。つまり、VxRack SDDCは、完全なVMwareベースのクラウド環境を最も簡単かつ迅速に立ち上げる方法です。VMware Cloud Foundation向けの業界で最も高度な統合システムであるVxRack SDDCは、ラック スケールのハイパー コンバージド システムです。統合されたエンド ツー エンドのライフサイクル管理と24時間365日の単一ベンダーによるサポートを提供するために、自動化とサービス性の拡張を考慮して開発されています。

    • 包括的なVMwareプライベート クラウドの基盤を容易に作成
    • VMware vSphere、vSAN、NSXとの完全な統合
    • マルチ ラック拡張と将来の成長に対応した物理および仮想ネットワーク インフラストラクチャを搭載
    • 単一コンソールの管理を実現する、VMware Cloud Foundationと統合された自動管理および保守性の拡張
    • ライフサイクル全体の管理とエンジニアド システム全体のサポート

    最新のVMware Cloud Foundationと連携した設計

    このハードウェアとソフトウェアが完全に統合された、ラック スケールのターンキー ハイパー コンバージド システムは、業界をリードするDell EMC PowerEdgeサーバ プラットフォーム上に構築され、VMware Cloud Foundationソフトウェアが搭載されています。現在利用可能な最も包括的なソフトウェア デファインド データセンター ソリューションであり、ライフサイクル自動化用のSDDC Manager、ストレージ仮想化用のvSAN™、ネットワーク仮想化用のNSX®、サーバ仮想化用のvSphere®など、業界をリードする最高のVMware仮想コンピューティング ソフトウェアをバンドルしています。クラウド管理プラットフォーム(vRealize Suite)と組み合わせることで、最終的に完全なハイブリッド クラウド プラットフォームになります。つまり、プライベート環境とパブリック環境にまたがって、よく知られたvSphereツールおよびプロセスに基づいた一貫性のある運用モデルを提供し、高い自由度と信頼性で複雑さを伴わずにどこでもアプリケーションを実行できます。

    Dell EMC PowerEdgeサーバの統合のメリット

    VxRack SDDCは、インテル® Xeon® スケーラブル・プロセッサー ファミリーを搭載し、HCI専用に構築されたDell EMC PowerEdgeサーバと統合されているので、ハイブリッドとオール フラッシュ容量の両方を使用する複数のユースケースで柔軟に利用できます。構成を選択することでシステムの柔軟性が高まります。仮想デスクトップ向けの専用グラフィック処理カード、コンピューティング負荷の高いオプション、またはストレージ負荷の高いオプションを追加したり、バランスのとれた構成(オール フラッシュおよびハイブリッドの両方のモデルが対象)を採用することで、あらゆるワークロード要件に対応します。VxRack SDDCは、Dell EMC PowerEdgeとの統合により、ソフトウェアからサーバを通じてハイパー コンバージド スタック全体を提供します。これにより組織はリスクを軽減しながら、ラック スケールのハイパー コンバージド システム上に迅速な導入が可能になります。

  • Dell EMCとVMwareの経験を元に開発されたハイパー コンバージド

    •  

      タイム トゥ バリューを短縮

      VxRack SDDCシステムは柔軟性に優れたモジュラー設計のため、ユニットを段階的に追加できます。そのため、規模に応じて必要なインフラストラクチャを自由に、かつ迅速に導入することが可能です。VxRack SDDCとVMware Cloud Foundationを組み合わせることで、データセンターの変革を加速し、業界で最も短いタイム トゥ バリューを実現できます。ソリューション全体の完全なライフサイクル サポートにより、IT管理をシンプルにして、アプリケーションと運用のサイロ化を回避します。

    •  

      統合型ラック スケール ファブリック

      極めて高い拡張性を実現にするために設計されたVxRack SDDCシステムは、システムに完全に組み込まれた(エンジニアドされた)ラック スケールのハードウェアおよびソフトウェアのネットワーキングを活用します。これは、ネットワーキング ドメインがシステムとサポートの範囲外にあるハイパー コンバージド アプライアンスにはない、拡張時の明らかなメリットです。完全に管理されたこのアーキテクチャにより、ネットワークのオーバーヘッドによるレイテンシや停滞が発生することなく、エンタープライズ規模での継続的なアプリケーション パフォーマンスがもたらすその他のメリットを活用できます。

    •  

      導入、管理、維持のシンプル化

      VxRack SDDCシステムは、シンプルな管理と運用を実現するために、Dell EMCにより設計、製造、管理、サポート、維持されています。VMware Cloud Foundationと統合された自動管理と保守性の拡張により、ソリューション全体のライフサイクルのサポートが可能になるので、リスクの軽減に役立ち、継続的な安心感が得られます。

       

    •  

      小さな規模から開始して容易に拡張可能

      VxRack SDDCは柔軟性が高いので、アプリケーションのニーズ、予算、需要の増大に基づいて、プライベート クラウド データセンターを設計および実装できます。VxRack SDDCを使用することで、現在の需要を満たす8ノードの小さな規模から導入を開始し、将来のニーズに対応したハイパー コンバージド ソリューションに簡単に拡張できます。ビジネスに合わせて、自由にリソースを調整することができます。